仙台市周辺で塗装やリフォーム工事の事なら!

お気軽にお電話かLINEでお問合せください。 0120-793-644 【受付】9:00〜20:00 年中無休

ブログ一覧


放置する時間が長いほど、損をしていきます。

ゼロから学ぶリフォーム講座 No.7

 

住まいの足軽隊、森です。

今回は、「屋根」に関する内容です。

 

あなたの【我が家】はどんな屋根ですか?

素材は何でできているのでしょうか。

 

まず、素材が何かを調べましょう!

 


屋根の素材


このブログを読んでいる方の世代的には、屋根材はおそらく、以下の4種類のどれかに該当します。

 

•粘土瓦

•化粧スレート

•ガルバリウム鋼板

•セメント瓦

 

おそらくこれのどれかです。

(違かったらごめんなさい。)

 

それぞれの特徴をここでは解説しませんが、順番にググって、特徴をみて、自分の家の屋根を特定してください!

そんなに難しくないです。

 

 


屋根は放置する時間が長いほど、手間と費用が大きくなる


 

屋根のリフォームは大きく分けて3種類あります。

順番に解説していきますね。

 

1.塗り替え(塗装)

最も手軽で金額も安い方法、それが塗り替えです。

 

塗り替えは化粧スレートやガルバリウム鋼板、セメント瓦の屋根材で可能です。

既存の屋根を最初に高圧洗浄をします。

その後、下塗りと仕上げ塗りをします。

これは廃材(ゴミ)もでず、最も金額的にも安く済みます。

 

しかし、絶対的な条件として、

既存の屋根に破損があまりないこと。そして、下地の劣化も心配ないこと。

これが塗り替えをする際の条件となっています。

 

 

2.カバー工法(重ね葺き)

次は、カバー工法です。

これは、塗り替えの次に安く済むリフォームです。

 

雨漏りがほぼほぼ直りますし、断熱効果もupする方法です。

既存の屋根をはがさないで、その上から新しい屋根材を被せるので、廃材(ごみ)も出ません。

 

カバー工法にも、絶対的な条件があります。

被せる屋根材はガルバリウム鋼板などの軽いやつ。んで、下地は劣化してないこと。

そう、既存の屋根材自体は劣化が進んでいてもある程度は大丈夫。

 

既存の上に被せていく感じだから、軽いやつじゃないとだめなんだよね。

そういうこと。

 

3.葺き替え

最後に一番金額が高い葺き替えに関して。

 

既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材をセットしちゃうリフォームです。

 

屋根材の劣化が進んでいて、なおかつ下地も劣化してる場合は葺き替えないとダメなパターンも普通にあります。

簡単にいうと、年数かなり放置している人は、葺き替えの選択肢しか無くなることもあるよってこと。

 

既存の屋根材の廃材(ごみ)も出るので、手間も費用も当然他の2つよりもかかります。

しかし、メリットももちろんあります。

新しくする屋根材を好きなものを選ぶことができます。

耐震上の理由から、屋根を軽量化したい!っていうニーズにも対応できます。

 

 

 


まとめ


基本的には

1→2→3

の順番で金額が上がっていきます。

作業期間も手間も上がっていきます。

 

私が今日、一番はっきり言いたいのは、

屋根は時間が経てば経つほど、後々お金がかかっちゃうよ

ってこと。

 

屋根は普段しっかり見ることがない場所ゆえに、自然と放置する時間も長くなりがちです。

自分で登って見ることができるなら、それは直接確認できて良いんだろうけど、なかなかそういうわけにもいかないのでね、、、

 

屋根診断をできるプロにしっかりお任せくださいね!

もちろん、うちもしっかり診断書も出しますよ。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 住まいの足軽隊 合同会社E.S.ファースト. All rights Reserved.